後悔しない

段ボール箱を運ぶ男女

引越し業者を手配するには、見積りを複数の業者に依頼してから決めるのが前提となっています。もちろんそのようなことは別にしなくてもいいのですが、あとから他の業者に頼んだほうがもっと料金安かったということがありますので、後悔しないようによく比較検討をすることです。見積もりを依頼するときに必要なものですが、いつ引越しするか希望日と時間帯です。荷物の量や大きな家具や家電はあるか、自転車など、ピアノを運ぶときはオプション料金になります。アップライトかグランドピアノかでも料金が変わってきます。現在の住所と転居先の住所、転居先がマンションの場合エレベータの有無などです。他にもさまざまな項目がありますが見積りに必要なものです。

引越し料金を安くするには、複数の引越し業者に見積もりを依頼して料金を比較することで安い業者が見つかりますが、さらに安くするポイントとしては荷造りは自分でやるのかそれともお願いするのかです。大手業者だと梱包もサービスでしてくれる業者があり、極端な話引越し日当日まで何もしなくてもすべて行ってくれるのです。その荷造りや梱包くらいは自分で行うことで余計なサービスはつけなくてもよいのでさらに安くなります。そして家電をすべて運び終わったあとの、テレビや冷蔵庫、洗濯機の設置といった配線です。それもお願いするのかどうかもです。安くできるポイントはいくらでもありますが、安さだけで即決せず人数や不用品の引取りなどサービス面も注目することです。